トップ > 脱毛について > 小学生の脱毛事情

小学生の脱毛事情

最近では小学生の脱毛について話題に上ることもよくあります。 小学生の娘さんが無駄毛を気にして脱毛したいと言い出して困っている親御さんもいるでしょう。 そのようなニーズがあるので、脱毛サロンでも子供用のキッズコースを用意しているところもあります。

しかし、小学生のお子さんの脱毛となると心配事も尽きません。 例えば「小学生に脱毛なんて早すぎる」「子どもの肌には脱毛の刺激は大丈夫なの?」「エステに行ったら強引に契約させられるのでは」などです。 お子さんの悩みを解決してあげるためにも、そのような不安点を解消しておくことが大切です。

脱毛サロン(エステ)で行っているのは主に光脱毛という脱毛方法になります。 光脱毛というのは肌への刺激が少ないのが特徴です。 光脱毛は安全性が高く、キッズコースを用意しているサロンも多いです。

脱毛クリニックや美容外科などで行っているのは主にレーザー脱毛です。 レーザー脱毛は光脱毛よりも刺激が強く、痛みも強いので子供の脱毛には適さないでしょう。 子供の脱毛をするなら脱毛サロンでの光脱毛がおすすめです。

最近では光脱毛よりも肌に優しいハイパースキン脱毛という方法も登場しています。 ハイパースキン法では、なんと3歳以上のお子さんなら施術を受けられるほど肌へのダメージが少ないのです。 3歳以上で受けられるなら小学生は大丈夫ですね。 それだけでなく敏感肌で他のサロンで施術を断られた人もハイパースキン法なら受けられます。

脱毛サロンの勧誘についてですが、昔は勧誘が多かったようです。 ところが最近ではそのような無理な勧誘というのはぐっと減っているのです。 今では多くの脱毛サロンが強引な勧誘をしないと明言しています。 特に大手のサロンはテレビCMや雑誌広告などに莫大な費用をかけているので、無理な勧誘をしてそれが口コミで広まると、せっかくの広告費が無駄になってしまいます。 近年ではツイッターやフェイスブックと言ったSNSで悪い口コミが広まりやすくなっています。 いわゆる炎上という状態になると、企業としては大ダメージなのです。 そのため大手の有名なサロンでは、強引な勧誘をしていない状況にあります。

脱毛せずに自宅でお手入れする方法もあります。 例えば、カミソリや毛抜き、除毛剤などを使う方法です。 カミソリを使うときは危険ですから、お子さんに自分でやらせるのではなく、最初は親御さんが代わりに剃って上げると良いでしょう。 しかしカミソリはどんなに丁寧に使っても肌を傷つけてしまいます。 目には見えないですが、細かい傷がついているのです。 カミソリでのお手入れを続けていると色素沈着が起きて黒ずみになることがあります。

毛抜きでも肌を傷めてしまうことに変わりはありません。 毛抜きで処理していると埋没毛という状態になったり、毛穴が開いてニキビができやすくなります。 除毛剤は刺激の強いものが多いので、どのような成分が入っているかを確認してから使用するようにしてください。 それでも敏感な部分に除毛剤を使うと肌がかぶれたり、痛みが走ることがありますので気をつけてください。

最近では小学生の脱毛について話題に上ることもよくあります。 小学生の娘さんが無駄毛を気にして脱毛したいと言い出して困っている親御さんもいるでしょう。 そのよう